<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    殿黒ショート8

    0

      「殿ー!殿ー!」

      アパートでテレビを眺めていると、外から少年の様に威勢のいい四捨五入しなくてもそろそろ30になる、真夏だろうがなんだろうがいつでも黒装束に身を包む人の声がした。
      足音と声がだんだん近づき、玄関のドアがバン!と開けられ、いつも通りのことではあるが何があったかと玄関を見ると忍者気取りと、その背後に大量の何かがあった…

      「殿!疲れたサラリーマンからパンパースを一年分もらったでゴザル!」

      「返してきなさい。」

      続く。

      天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 04:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      殿黒ショート7

      0

        「殿ー!それは拙者が楽しみにとっておいたチーカマではゴザらんか!」

        小腹が空いて、なにげなく冷蔵庫をあけたら入っていたチーカマを食っていたところにちょうど年中黒装束の怪しい男、まあうちで飼っているわけだが。通称、忍者気取りが帰ってきた。

        「あー。うん」

        もぐもぐともう一口食べながら答えると忍者気取りは地団駄を踏む。

        「ヒドイでゴザル!絶交でゴザル!もう家出でゴザル!」

        「あー。うん」

        最後の一口を口に放るのを見届けると半泣きで今入ってきた入り口に振りかえる。

        「止めるなら今のウチでゴザルよ!」

        「おう。気を付けてな」

        「ウワーン!殿なんか嫌いでゴザルーー!」

        今度こそ泣きながら玄関から走り去る忍者気取り。出ていった開けっ放しのドアを閉めに玄関まで歩いていくと、渡り廊下のスミの柱からこちらをジッと見ている忍者気取りがいた・・・

        「今止めてくれたら、チーカマのことを許してあげてもいいでゴザルよ!?」

        どーしようかなぁ

        ただひとつ言えることは彼の目はチワワの様だ。


        続く

        天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 04:18 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        殿黒ショート6

        0

          「殿!実は拙者くのいちだったでゴザル!」

          体育のバレーの時間。振り向いてみるとうちで飼っている年中黒装束の男が胸にバレーボールをニコ入れて満足げな笑みを浮かべていた。

          ・・・・・・

          「えい。えい。」
          「あ!痛い!殿ナイススパイク!ナイススパイク!」

          続く

          天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 03:21 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          殿黒ショート5

          0

            「殿ー!殿ー!バンドを組もうでゴザル!」
            突然、年中黒装束を着た居候が家の中なのに手をあげて一生懸命提案した。俺より7つ上なのにこの人ったら・・・
            「いいけど、忍者気取りは何か楽器出来るのかい」
            「拙者は作詞作曲をするでゴザル。殿が歌うでゴザル」

            果たしてソレをバンドというのだろうか。

            「それはそうと作詞作曲なんて出来るのか」
            「すでに曲は出来ているでゴザル。カセットスイッチオン!」

            チャラララッチャッチャッチャ ティレッテレッテー

            今どき全身タイツで闊歩
            たまごに山盛りマヨがおやつ
            好物もちろんカロリー
            だってだっーてだってダダダダーン

            お願い もうやめて 恥骨を砕く遊び
            私の全身がガクガクしちゃうの

            いやよ いやよ いやよもすきのうち(御代館サマー)

            MonGoriAn!
            唸るチョップで脳天直撃 

            鼻血スプラッシュ!

            変わるわよ(頭のカタチが)


            「どうでゴザルか!」

            えーいって、ドロップで蹴りました。

            「曲パクリだろっ!」
            「歌詞より曲につっこまれるとは予想外でゴザルー!」

            でもつっこまれた気取りの顔は満足そうだ。まあバンドは解散ですけど。


            続く。

            天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 01:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            殿黒ショート4

            0

              「殿!拙者どうしても買って貰いたいモノがあるでゴザル」
              自分で勝手に稼いで買ってください。
              とつっこもうとしたが、この年中黒装束の怪しい居候はチーズかまぼこ以外は案外普段は物をねだったりしない。まあ28歳のにーちゃんにねだられても困るのだが。
              ともかくそんな忍者気取りがめずらしく俺に買って欲しいと言うほどの物に興味があった。

              「買うかどうかは別として何が欲しいんだい?」

              と聞いてみると床に転がってた雑誌を鷲づかみにしてそのひとページをキラキラした目で俺に見せた。

              『タ○コプター 120万円 21世紀を迎えた今、空の散歩は当たり前!まだまだ改良が必要なため多少大型といえど、これであなたもドラ○もんorの○太くん!36回ローンOK!さあ、今すぐもしもボックスでリンリンリン!』

              「よしよし、チーカマ買ってやるから我慢しような」

              「ワーイ、空よりチーカマでゴザル!」

              おまけ

              「ちなみに殿は何が欲しいでゴザル?」

              問われて悩む俺。むろん殿などとコイツは勝手に呼んでいるいるが俺は極々普通の大学生なのである。なんでもあるから欲しいものなんてないわけではない。が、なにが欲しいと言われると少し迷う物である。

              「あ・・・」

              しばらく考えて思いつく物があった。

              「なんでゴザル!?」

              「単位。」

              「・・・・世知辛いでゴザルなぁ・・・・」


              続く。

              天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 15:01 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              殿黒ショート2

              0
                「わっ!卵を落としちゃったでゴザル!」

                「しまった!トイレに漫画を落としてしまったでゴザル!」

                「ああ!!手裏剣が殿の頭に落ちて刺さったでゴザル!!」

                殴りました。

                「・・・・・・・」

                頬を抑えて真剣な表情で黙りこむ忍者気取り。
                そういえばいつも蹴っていたからこういうのはショックだったのだろうか。やりすぎたかな・・・








                ・・・・・・・・







                「・・・・こういうのも嫌いじゃないでゴザル」

                凄い蹴りました。
                天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 15:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                殿黒ショート3

                0

                  「拙者、忍びの者になる前に実はサラリーマンをしていたでゴザルよ」
                  突然のカミングアウト。俺は驚いて思わず目が点になる。
                  「なんでやめたの?」
                  「寿退社でゴザルよ」
                  「嫁のほうがやるやつだーーーーっ!?てか、嫁いるの??!!」
                  「いやぁ、88になったので、」











                  米「寿」だーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!









                  「おじいちゃんが。」




                  しかも関係ないっ!?



                  今日も真面目に話を聞いて損をした気分になった日曜日であった。

                  天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 15:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  殿黒ショート

                  0
                     「殿!新しい忍法を覚えたでゴザル!」

                    蹴りました。

                    「何をするでゴザルか!?拙者の新しい忍法をいち早く殿に見せようという小意気な心づかいを足蹴にするとは!」

                    「うるさい、いいからトイレから出ろ。」

                    この日からトイレのドアには張り紙がついた。

                    『トイレ中忍術禁止』

                    のちに友達が遊びにきてつっこまれるまで貼りっぱなしになっていたのは知るよしもない
                    天寺英太郎 * 殿と黒装束ショート * 14:58 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                    このページの先頭へ