<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< よく思うことがあるのです。 | main | 続・悠久の塔 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    弱ったトコからボコボコピヨその1

    0

      どうも殺害現場からお送りしております。
      被害者のイフリータです。っていうか三葉です。こんばんわ。




      とりあえず前もって言いますとシルトの悠久の塔にあんまいってない人にはネタバレありますのでご了承あれ。




      今日は大量に全滅したわけですが、それはまあおいといて、先日あまりに暇すぎて一緒にいた乙女ちゃんとうちの凛の子でいけるところまでいってみようと悠久の塔に上った記録なのです。

      5Fのミノさんはたぶん前の日に飲み過ぎて大したこともなくぬっころし使い道もない衝撃をあっさりげっつしたわけですが、リフレクの前のボスは2発で死ぬワというダメージを受けたことぐらいしか記憶にないのでかいつまみ、(おそらく2発で死ぬほど殴られたので記憶が飛んだのです)その上に行ったところのお話です。


      はっきり言ってふたりだとエンカの敵ですでにキッッツイのデス。
      普通につねにエンカでドーピング使う勢いでやっとこさっとこ上のフロアにのぼり、
      ボスフロアになんとか到着しまして倒しても倒せなくてもここまでだなぁと思いながら歩いていると、




      なんかいました。


      そうですミノさんじゃないのですなんざましょう。この子は。
      例えるならやたらでかい植物系なボスなわけです。なにひとつ例えてない。

      まあ、なにはともあれ進まねばならぬがネカマの生き様、なにはともあれ突撃致す所存でございます。



      戦闘シーンになるとさらにキショさUP困った、二度と生えないぐらいヴォルケノで根絶やしにしたい。



      爆弾、ドーピングで応戦するも、とにかくよくポジチェンを行う植物共、為替で必死にガードしながら爆弾を放り投げること十数分、







      Σ乙女ちゃーーーーーーん!!!



      というかもう光が見えないカンジにメタボコですよ。

      しかし、しかし、為替で上手いことガードをしつつ薬物、ドーピングを摂取してなんとか耐えしのぎ攻め続ける凛の子!


      そして!






      決着!




      全然ムリリコ。



         

      そんなわけで一緒にボコにされた人に慰められながら帰るのでした。

      のちに彼女は思うのです。





      「この人本当はMなのかしら…?」









      A.ドSです。

      てれれれってってってー

      三葉のブログLvがあがった。
      サムネ作っておっきく画像ができる能力を手に入れた。
      っていうか説明全部横に書いてあった。

      ばかばか!うんこ!

      であまたー。
      天寺英太郎 * コンチェ日記? * 04:10 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 04:10 * - * - * - -

        コメント

        冒険とはいつも未知の領域に走ることをいうのですっ。

        今度YOUもいくのです。
        Comment by みつばたけ @ 2009/10/31 2:53 PM
        また無謀な挑戦をしてきたのですな・・・


        Comment by LIB @ 2009/10/31 5:07 AM
        んむんむ。画像をつかって日記を書くというのがかつてない試みゆえ日々精進なのです。
        Comment by みつばたけ @ 2009/10/31 2:22 AM

        なんかクレが全てのSSに登場してる…。

        そして、いつになったら画像が小さくなるのか密かに楽しみにしておりましたw
        Comment by ジゼル @ 2009/10/30 2:30 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ